NEWS

高機能プラスチック・ゴム展2017に出展いたします。2017/01/10

NEWS

 

恭賀新年

昨年中は格別のご用命を賜り厚く御礼申し上げます

なにとぞ本年もよろしくご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます。
早速ですがこのたび高機能プラスチック・ゴム展2017に出展させていただきます。

 

昨年に続き2回目の出展になります。

 

↓前回の出展の様子です。

1/25(水)にお近くにお越しの際はお立ち寄りください。

2017 1/25(水)10:30~17:00

大阪産業創造館3F・4Fにてお待ちしております。

また現在お悩みの案件やコストダウンの案件など、些細なことでもお気軽にご相談ください!!

たくさんのご相談・ご依頼心よりお待ちしております。

メッシュにゴムを焼き付けしました。2016/09/23

事例紹介

先日お客様よりご依頼いただきステンレスメッシュにEPDMを圧縮同時成型しました。

家電メーカー様にお使いいただく商品です。

材料はエチレン・プロピレン・ジエンゴム【EPDM】という水に強い性質をもったゴムで食品衛生法適合ゴム材料です。

圧縮成型をするとゴムは金型の中を流れていく際、メッシュ部分にゴムバリがまとわりつき仕上げが非常に困難になります。

ですが根来工業の独自の工夫をするとメッシュが傷つくことなく、キレイに仕上げをすることができます。

是非金具とゴムを同時に成型したいという場合は根来工業にご相談ください。

お客様にとって最適、最善のご提案をさせていただきます!!

4層構造ダイアフラム(テフロンPTFE+ゴム+織布+ゴム)2016/09/13

事例紹介

食品に使用する機械メーカー様にご依頼いただき、おつくりさせていただいておりますダイアフラムです。

この製品は肉厚 『1㎜』 でありながら、テフロン(PTFE)ゴム(EPDM)織布の3種類の素材を組み合わせておつくりさせていただいております。

一番こだわった部分は、均一に厚みを出すことです。

成型方法を工夫することで偏肉を防いだり、製品表面に織布が出ないようになど根来工業の技術がたくさんつまった一品です。

また仕上げ方法も専用冶具を使用し、安定してお届けできるよう工夫しております。

異素材とゴムとを一体化させる技術で社会にお役立ちさせていただいております。

img_5413 img_5414

難燃性シリコンゴムで金具との焼き付け成型した事例2016/09/13

事例紹介

news20160815

有名家電メーカーのプロジェクター開発部の方から『難燃性シリコンゴム UL規格でV-0を満たすシリコンゴムで金具との焼き付け成型ができないか?』との打診があり客先に伺いました。

図面を拝見すると金具は異形のプレス成型品で肉厚が0.3㎜でゴムの肉厚は0.3㎜で金具の両面に焼き付けしてほしいとの依頼でした。

金具のその肉厚は指で押すとすぐに曲がるようなもので、金型に圧力をかけたりゴムの圧力が加わったりすると変形することが容易に想像がつきます。

また仕様用途的にも製品には注入ゲートを設けてはならないとのご要望もあり、開発は難航することが予想されました。お客さまのご要望を叶えるために、既存の金型設計や成型方法を一から見直し、試行錯誤を繰り返しながら新しい設計、成型法を実現しました。

現在は世界的なスポーツイベントに採用していただき長年使っていただいております。

電気工事現場や建築工事現場で命を守るために2016/09/13

事例紹介

電気工事現場や建築工事現場などではよく脚立やはしごを見にされると機会があると思います。

使用時にぐらつきを感じ、『危ない!!』と感じたことはないでしょうか?

脚立利用による災害は毎年発生しております。

その転倒災害を防止するため、お客様からご相談いただいたことが始まりでした。

お客様が開発された商品の部品を弊社にて生産させていただいております。

使い方は脚立の側面に取り付けをすることで横方向に対しての踏ん張りが効き、転倒しにくくなるという部品です。

素材はEPDMで対候性に優れている材質で、視認性、危険防止色として黄色を採用して頂いております。

このように根来工業では人の命を守るゴム製品をもおつくりさせていただいております。

ashi1 FullSizeRender

 

ゴム成形の設計・量産などのご相談・お見積もり

根来工業が一緒に技術的課題を解決いたします。お気軽にお問い合わせください。